総合トップへ

今月のステーション

   ホーム  >  今月のステーション  >  CSP研修会に参加して…

CSP研修会に参加して…

2014年7月28日(月)

皆さん、こんにちは。
夏本番!!
最近は、暑くて目覚まし時計よりも早く目覚めるようになりました。
歳のせいじゃ!?と笑う職員もいますが…否定できないか(--;)
暑い夏は、げんなりしますが、夜空に打ち上がる花火を見ると
夏も悪くない…わがままですね。

さて、先日、私は里親スキルアップ研修という会に参加してきました。
熊本の里親さん方、施設職員、児童相談所職員が40名くらい集まりました。
今回の研修では、CSPというものをロールプレイを混じえながら学びました。
CSPとは?…コモンセンス・ペアレンティングと言い、
米国ネブラスカ州の児童養護施設で
行動療法の理論背景を元に開発されたプログラム。
大人と子どものコミュニケーションに注目し、
子どもとの関係性にグッドサイクル(良い循環)を
作ることだそうです。
今回は、ダイジェスト版として、大まかに学び、
ロールプレイにてCSPを体験してきました。

ロールプレイは、ある場面の子どものビデオを見て、
どう声を掛けるのが良いのか?と言う簡単なことです。
しかし、やってみると意外と難しいこともあり…
日頃の自分に反省したり…
こういう言い方や見方もあるんだと気付かされたり…
良い勉強でした。
ロールプレイは、大人同士で子ども役と大人役でするのですが、
初めはみんな恥ずかしさから控え目でしたが、時間が経つにつれ
参加者の皆様の演技力は役者並に(^_^;)

CSPに興味のあられる方は、野口啓示氏が日本版の本を
出しています。私は、9月にCSP研修会に参加して
学んできたいと思います。

最終更新日 [2014年7月28日]  
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム